読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JSONの整形

はじめに

LinuxでのJSONの整形方法をメモ。

コマンドjqを利用

$ cat in.json | jq

Ubuntuでjqをインストールする場合は以下。

$ sudo apt-get install jq

CentOSでjqをインストールする場合は以下。

$ sudo yum install jq

Pythonのモジュールを利用

$ cat in.json | python -m json.tool

etcdでよく利用するAPI

はじめに

自分がよく利用するetcdのAPIをメモしておく。

キーの値を取得

キーがfoo/barの場合。

curl http://localhost:2379/v2/keys/foo/bar

キーの値を再帰的に取得

キーがfoo/barの場合。

curl http://localhost:2379/v2/keys/foo/bar/?recursive=true

Vagrantを利用して同じ環境のVMを複数作成

以下のようにループを利用して必要な台数分の定義を生成するVagrantfileを準備すればよい。

# -*- mode: ruby -*-
# vi: set ft=ruby :

Vagrant.configure(2) do |config|
  MAX_VM_COUNT = 3

  (0 ... MAX_VM_COUNT).each do |counter|
    config.vm.define "node#{counter}" do |server|
      server.vm.box = "willyhu/ubuntu-16.04-server-amd64"
      server.vm.network "private_network", ip: "192.168.10.#{counter+100}", netmask: "255.255.255.0"
    end
  end
end

ここでは、node0 〜 node2の3台のVMを作成し、それぞれにIPアドレス192.168.10.100 〜 192.168.10.102を割り当てている。

Ubuntu 16.04で最新のAnsibleをインストール

Ubuntu 16.04の標準のリポジトリからapt-getで取得できるAnsibleは若干古い。 最新版をインストールするには、PPAのAnsibleのリポジトリを追加してapt-getすればよい。

$ sudo apt-get install software-properties-common
$ sudo apt-add-repository ppa:ansible/ansible
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install ansible

参考

Ansible Document - Instllation

Ubuntu 16.04でのVagrant + libvirtの環境構築

はじめに

Ubuntu 16.04でのVagrant + libvirtの環境構築に苦労したので、手順を残しておく。 VagrantKVMを扱えるようにするには、vagrant-libvirtというサードパーティ製のプラグインが必要になる。

以下の手順は、KVMの環境は構築済みであることが前提。

Vagrantインストール

$ sudo apt-get install vagrant

apt-getでインストールされるVagrantは1.8.1と若干古い(現時点での最新は1.9.1)が、後述のvagrant-libvirtのインストールに影響があるかもしれないので、これを利用する。

vagrant-libvirtのインストールの事前準備

/etc/apt/sources.listのdeb-srcのコメントアウトを外しておく。 コメントアウトを外しておかないと、後述のapt-get build-depの実行に失敗する。

$ sudo sed -i 's/^# deb-src/deb-src/g' /etc/apt/sources.list
$ sudo apt-get update

また、Vagrant 1.8.1にはプラグインのインストールに失敗するバグがあるため、(正式な対処ではないが)以下のように修正する。

$ sudo sed -i'' "s/Specification.all = nil/Specification.reset/" /usr/lib/ruby/vendor_ruby/vagrant/bundler.rb

vagrant-libvirtのインストール

まず、必要な依存物のインストールなどを行う。

$ sudo apt-get build-dep vagrant ruby-libvirt
$ sudo apt-get install qemu libvirt-bin ebtables dnsmasq
$ sudo apt-get install libxslt-dev libxml2-dev libvirt-dev zlib1g-dev ruby-dev

そして、vagrant-libvirtのインストールを行う。

$ vagrant plugin install vagrant-libvirt

動作確認

boxのホスティングサイトのAtlasから適当なboxを選ぶ。 数は少ないが、キーワード「libvirt」で検索すると、いくつかヒットする。 ここでは、willyhu/ubuntu-16.04-server-amd64を利用することにする。

適当にvagrant-testという作業ディレクトリを作成し、そのディレクトリの中で以下のようにboxを起動する。

$ mkdir vagrant-test
$ cd vagrant-test
$ vagrant init willyhu/ubuntu-16.04-server-amd64
$ vagrant up --provider libvirt

起動後、Vagrant経由でSSHでログインできれば成功。

$ vagrant ssh

参考

vagrant-libのREADME.md

https://github.com/vagrant-libvirt/vagrant-libvirt

Vagrantのバグで出力されるエラー

$ vagrant plugin install vagrant-libvirt
Installing the 'vagrant-libvirt' plugin. This can take a few minutes...
/usr/lib/ruby/2.3.0/rubygems/specification.rb:946:in `all=': undefined method `group_by' for nil:NilClass (NoMethodError)
        from /usr/lib/ruby/vendor_ruby/vagrant/bundler.rb:275:in `with_isolated_gem'
        from /usr/lib/ruby/vendor_ruby/vagrant/bundler.rb:231:in `internal_install'
        from /usr/lib/ruby/vendor_ruby/vagrant/bundler.rb:102:in `install'
        from /usr/lib/ruby/vendor_ruby/vagrant/plugin/manager.rb:62:in `block in install_plugin'
        from /usr/lib/ruby/vendor_ruby/vagrant/plugin/manager.rb:72:in `install_plugin'
        from /usr/share/vagrant/plugins/commands/plugin/action/install_gem.rb:37:in `call'
        from /usr/lib/ruby/vendor_ruby/vagrant/action/warden.rb:34:in `call'
        from /usr/lib/ruby/vendor_ruby/vagrant/action/builder.rb:116:in `call'
        from /usr/lib/ruby/vendor_ruby/vagrant/action/runner.rb:66:in `block in run'
        from /usr/lib/ruby/vendor_ruby/vagrant/util/busy.rb:19:in `busy'
        from /usr/lib/ruby/vendor_ruby/vagrant/action/runner.rb:66:in `run'
        from /usr/share/vagrant/plugins/commands/plugin/command/base.rb:14:in `action'
        from /usr/share/vagrant/plugins/commands/plugin/command/install.rb:32:in `block in execute'
        from /usr/share/vagrant/plugins/commands/plugin/command/install.rb:31:in `each'
        from /usr/share/vagrant/plugins/commands/plugin/command/install.rb:31:in `execute'
        from /usr/share/vagrant/plugins/commands/plugin/command/root.rb:56:in `execute'
        from /usr/lib/ruby/vendor_ruby/vagrant/cli.rb:42:in `execute'
        from /usr/lib/ruby/vendor_ruby/vagrant/environment.rb:268:in `cli'
        from /usr/bin/vagrant:173:in `<main>'

プラグインインストール不可のバグの報告

https://github.com/mitchellh/vagrant/issues/6911

プラグインインストール不可のバグの対処法など

http://stackoverflow.com/questions/36811863/cant-install-vagrant-plugins-in-ubuntu-16-04

Ubuntu 16.04でのKVM環境の構築

事前準備

CPUがハードウェア仮想化をサポートしているか検査。 以下のコマンドを実行した結果、1以上が表示されればOK。

$ egrep -c '(vmx|svm)' /proc/cpuinfo

KVM

$ sudo apt-get install qemu-kvm libvirt-bin ubuntu-vm-builder bridge-utils

virt-manager

$ sudo apt-get install virt-manager

参考

Community Help Wiki - KVM/Installation

Apache + mod_jk + 各種アプリケーションサーバの設定方法

はじめに

ほとんどのJava EEアプリケーションサーバは、Javaで実装した独自のWebサーバを持っている。 通常はそのWebサーバを利用すればよいのだが、運用の都合などにより、時々前段にApacheを配置することがある。 その時のために、mod_jkを利用してAJPApacheと各種アプリケーションサーバを連携させる設定方法をメモしておく。

ただ、前段にApacheを配置する場合でも、通常はmod_proxy_httpを利用してHTTPで繋げればよいのだが。。。

環境

OSはUbuntu 16.04 LTSを利用。

$ uname -srvm
Linux 4.4.0-47-generic #68-Ubuntu SMP Wed Oct 26 19:39:52 UTC 2016 x86_64

Javaは導入済みであることを前提とする。

設定手順

Apachemod_jk をインストール

ここでは、お手軽なのでapt-getでインストール。

$ sudo apt-get install apache2 libapache2-mod-jk

次にmod_jkの設定を行うために、jk.confを編集。 念のためバックアップをとった後に編集する。

$ cd /etc/apache2/mods-available
$ sudo cp jk.conf jk.conf.org 
$ sudo vi jk.conf

デフォルトのjk.confではまともに動作しないので、余分な項目を削って、以下の内容にしておく。

<IfModule jk_module>
    JkWorkersFile /etc/libapache2-mod-jk/workers.properties
    JkLogFile /var/log/apache2/mod_jk.log
    JkLogLevel info
</IfModule>

/etc/apache2/mods-enabledにシンボリックリンクを作成してmod_jkを有効化。

$ cd /etc/apache2/mods-enabled
$ sudo ln -s ../mods-available/jk.load jk.load
$ sudo ln -s ../mods-available/jk.conf jk.conf

現在有効なサイト(デフォルトでは/etc/apache2/sites-enabled/000-default.conf)に、AJPの転送元と転送先のマッピング(JkMount)を追加。

<VirtualHost *:80>
    # (略)

    JkMount /* ajp13_worker
</VirtualHost>

最後に、Apacheを再起動。

$ sudo systemctl restart apache2

Tomcat 8の場合

デフォルトでAJPのポート(8009)がオープンされているので、特段の設定は不要でTomcatを起動するだけ。

$ cd /path/to/tomcat
$ bin/catalina.sh start

参考: Apache Tomcat 8 Configuration Reference - The AJP Connector

GlassFish 4の場合

GlassFish 4のディレクトリに移動後、管理コマンドを利用してドメインの起動とAJPリスナを作成。

$ cd /path/to/glassfish4
$ bin/asadmin start-domain domain1
$ bin/asadmin create-network-listener --protocol http-listener-1 --listenerport 8009 --jkenabled true jk-connector

参考: GlassFish 4.0 Administration Guide

WildFly 10の場合

WildFly 10のディレクトリに移動後、WildFlyをバックグラウンドで起動し、そして管理コマンドを利用してAJPリスナを作成。

$ cd /path/to/wildfly10
$ bin/standalone.sh & 
$ bin/jboss-cli.sh --connect
[standalone@localhost:9990 /] /subsystem=undertow/server=default-server/ajp-listener=myListener:add(socket-binding=ajp, scheme=http, enabled=true)

参考: WildFly Admin Guide - AJP listeners

Jetty 9の場合

Jetty 9はAJPには未対応。 Jetty 8まではAJPに対応していたらしい。

参考: Jetty - Howto - Configure AJP13

動作確認

http://localhosthttp://localhost:8080にアクセスして、それぞれ同じ画面(各アプリケーションサーバのトップ画面)が表示されればOK。 ブラウザのキャッシュに引っかからないように、強制リフレッシュ(Google ChromeだとCTRL + F5)したほうがよい。