GlassFish 4で実質的なデプロイメントデスクリプタを生成

アノテーションを利用してJava EEの開発をしていると、時々デプロイメントデスクリプタを参照して、アプリ全体の整合性を確認したくなる。 GlassFish 4では、システムプロパティwriteout.xmltrueに設定してアプリをデプロイすることで、ディレクト[DOMAIN_HOME]/generated/xml/[アプリ名]に実質的(‘Effective’)なデプロイメントデスクリプタが生成される。 イメージ的には、mvn help:effective-pomのような感じ。

システムプロパティの設定コマンドは以下。

$ asadmin create-system-properties writeout.xml=true

設定後、GlassFishの再起動を忘れずに。

参考