Linuxのユーザをコマンドラインから作成する

はじめに

Linuxのユーザをコマンドラインから作成する手順を記しておく。 useraddがあまりフレンドリーではないので。。。

一般的なユーザの追加

ユーザを追加し、同時にホームディレクトリも作成する。 オプション-mをつけないとホームディレクトリが作成されない点に注意。 また、パスワードはコマンドpasswdで別途設定する必要がある。

短いオプションの場合は以下。

$ useradd -m [ユーザ名]
$ passwd [ユーザ名]

長いオプションの場合は以下。

$ useradd --create-home [ユーザ名]
$ passwd [ユーザ名]

一般的なユーザの追加で、uidとgidを指定

時々、他のマシンとユーザIDやグループIDを揃える必要があるので、そのときのために。 useradd実行時にはそのグループは作成されないため、必要ならばgroupaddを利用して事前に作成しておく必要がある。

短いオプションの場合は以下。

$ groupadd -g [グループID] [グループ名]
$ useradd -m -u [ユーザID] -g [グループ名] [ユーザ名]
$ passwd [ユーザ名]

長いオプションの場合は以下。

$ groupadd --gid [グループID] [グループ名]
$ useradd --create-home --uid [ユーザID] --gid [グループ名] [ユーザ名]
$ passwd [ユーザ名]