Jaybanuan's Blog

調べたことをメモしていくブログ

コンテナを利用したHTML動作確認用のテストWebサーバ

はじめに

静的なHTMLファイルの動作確認は、基本的にはローカルに保存した.htmlファイルをブラウザに読み込ませればよい。 ただし、XMLHttpRequestやFetch APIを利用した非同期通信を行っている場合は、テスト用のWebサーバを準備しないとテストできない。 そのため、コンテナを利用してテスト用のWebサーバを立ち上げることにした。

環境

# cat /etc/os-release | grep PRETTY_NAME
PRETTY_NAME="Ubuntu 20.04.1 LTS"

# docker --version
Docker version 19.03.13, build 4484c46d9d

テスト用Webサーバの起動と停止

初回の起動は以下のコマンドを実行する。 /path/to/srcは環境によって変えること。

# docker run --name test-web-server -v /path/to/src/:/usr/share/nginx/html:ro -d -p 8080:80 nginx

停止は以下のコマンドを実行する。

# docker stop test-web-server

もう一度起動するには、以下を実行するか、

# docker start test-web-server

もしくはコンテナを削除してから、初回の起動と同じコマンドを実行する。

# docker rm test-web-server
# docker run --name test-web-server -v /path/to/src/:/usr/share/nginx/html:ro -d -p 8080:80 nginx

参考