Jaybanuan's Blog

調べたことをメモしていくブログ

KubernetesのPVのReadWriteOnceとかReadWriteManyとか

ググった結果、後で見返すかも、と思った情報を残しておく。 kubernetes.io nekop.hatenablog.com cormachogan.com

MariaDBの設定ファイルの置き場所

Linuxのディストリビューションによってmy.cnf等の配置場所が微妙に異なるので困る。 以下のマニュアルを正として、どこが違うのか(変えられているのか)を把握するとよい。 mariadb.com

KubernetesのIngressとOpenShiftのRouteについて

Kubernetesにはサービスを外部に公開するためにIngressというオブジェクトがあるが、OpenShiftにも似たようなRouteというオブジェクトがあるので、違いを調べてみた。 少々古い記事だが、以下に比較がある。 www.openshift.com 歴史的な経緯としては、最初に…

KubebuilderでRBACのマニフェストが生成されない

Kubebuilder(というかOperator SDK)でRBAC用のrole.ymlが生成されなくて困った。 とりあえず備忘のため、GitHubのIssueをメモっておく。 マーカー(アノテーション??)とGO言語のコードの前に、余分な空行が必要な模様。 github.com

Kubernetesでの推奨のラベル付け

Kubernetes上でシステムを組み上げる際には、ラベルを利用して各リソースを紐付けることになる。 最近知ったのだが、推奨のラベルがいくつかあるようだ。 kubernetes.io 確かに、ラベル付けの方法に(慣例はあるが)標準はないので、毎回「これでいいのだろう…

オブジェクト指向におけるSOLIDの原則

はじめに オブジェクト指向でSOLIDの原則というものがあると初めて知った。 見てみると、ソフトウェアを開発する中で体で覚えてきたものが明文化されていたので、頭の中がスッキリとまとまった感じがして、ちょっと感動。 Wikipedia ja.wikipedia.org Design…

OpenShiftのインストールの説明動画 (YouTube)

IPI (Installer Provisioned Infrastructure) www.youtube.com UPI (User Provisioned Infrastructure) www.youtube.com 参考 OPENSHIFT CONTAINER PLATFORM 4.5 > INSTALLING https://access.redhat.com/documentation/en-us/openshift_container_platform/…

Source-To-Image (S2I)の仕様

はじめに OpenShiftの環境で利用されるSource-To-Image (S2I)の仕様などの参考情報。 参考 s2i builder image requirements https://github.com/openshift/source-to-image/blob/master/docs/builder_image.md S2Iのビルダイメージで利用されるスクリプト(as…

KubernetesのDeploymentとOpenShiftのDeploymentConfigの違い

はじめに OpenShiftの研修を受講。 KubernetesのDeploymentとOpenShiftのDeploymentConfigの違いがよく分からなかったので、調べてみた。 結論 自分でまとめるまでもなく、以下のブログによくまとまっていた。 nishipy.com DeploymentConfigはOpenShift固有…

Kubernetesのリソースの一覧と省略形

コマンドkubectlを利用するときに、リソースの省略形が利用されることがある。 例えば、servicesは以下のようにsvcと省略できる。 $ kubectl get svc NAME TYPE CLUSTER-IP EXTERNAL-IP PORT(S) AGE kubernetes ClusterIP 10.96.0.1 <none> 443/TCP 140d nginx Clu</none>…

GitHubのWeb UIではファイルの実行権を付けられない

外出先とかだと、その場で使えるようなgitが入った開発環境が準備できないことがある。 GitHubのWeb UIからある程度ファイル操作が可能だが、現時点ではファイルに実行権はつけられないようだ。 github.community

Ubuntu 20.04 LTSでのPodmanとPodman-composeのインストール

はじめに OpenShiftではDockerの代わりにPodmanが利用されるため、開発環境でPodmanを利用することになった。 そのため、Ubuntu 20.04 LTSでPodmanとPodman-composeのインストールした記録を残しておく。 Podmanのインストール 基本的には、Podmanの公式サイ…

関係副詞のwhereは柔軟すぎるらしい

Go言語を始めようと思い、英語の勉強も兼ねて以下の本を読んでいるところ。 Go Programming Language, The (Addison-Wesley Professional Computing Series) (English Edition)作者:A., Donovan Alan A.,Kernighan Brian W.発売日: 2015/11/16メディア: Kind…

Ubuntu 20.04 LTS でコマンドを利用してISOイメージをBD-Rに焼く

はじめに 参考 はじめに Ubuntu 20.04 LTS でコマンドを利用してISOイメージをBD-Rに焼く時に調べたのメモ。 参考情報のみ。 参考 Debian Wiki > Command Line Interface > Burn Optical Media https://wiki.debian.org/BurnCd Debianにおける光学メディアの…

Ansibleのカスタムフィルタを作成するための情報源

はじめに 参考 はじめに Ansibleのカスタムフィルタを作成するための情報源のメモ。 結局作成しなかったが、せっかく調べたので、参考情報のみ残しておく。 参考 Jinja2 > API > Custom Filters https://jinja.palletsprojects.com/en/2.11.x/api/#writing-f…

GitHubでReleaseしたファイルのダウンロード数を取得する

はじめに 特定のReleaseのダウンロード数の取得方法 全てのReleaseのダウンロード数の取得方法 ダウンロード数の集計の例 補足1:ソースのアーカイブはAssetではない(ようだ) 補足2:ダウンロード数をカウントするWebサイト 参考 はじめに GitHubのReleaseで…

GitHub Container Registry (Preview版) を使ってみる

はじめに 環境 (1) リポジトリの作成 (2) Dockerfileの作成 (3) GitHub Actionsのワークフローの作成 (4) Personal Access Tokenの作成 (5) Feature Previewを有効化 (6) ワークフローの実行 (7) コンテナイメージの公開の設定 (8) 動作確認 参考 はじめに G…

暗号化ソフトウェアに関する米国輸出管理規制

はじめに Bureau of Industry and Security 日本語の情報源 分類の事例 サービスの方針の事例 はじめに アメリカのサーバ(例えばGoogle Playなど)からソフトウェアを配布する場合、アメリカからの輸出とみなされるため、アメリカの輸出管理規制(EAR: Export …

自分のVisual Studio Codeの設定 (2020/11版)

はじめに settings.json フォント 空白の表示 文字コードの自動識別 テキストファイルでのタブの入力 はじめに 諸事情で複数の開発環境を使い分ける必要があり、環境ごとにVisual Studio Codeの設定を合わせるのが面倒。 なので、設定を使い回せるように、自…

Operator SDKのインストール

はじめに Operator SDKのインストール時の作業記録。 インストール方法は以下の3つあるが、ここではGitHubのReleaseからのインストールを実施する。 Homebrew (MacOSのみ) GitHubのReleaseページのバイナリをインストール GitHub上のソースコードからコンパ…

bashのシェルスクリプトでよく使うコードスニペット

はじめに 条件分岐 (構文) if if 〜 else if 〜 else if 〜 else 条件分岐 (文字列) 文字列の比較 (等しい) 文字列の比較 (等しくない) 空文字列かどうか 繰り返し (構文) 値の列挙による繰り返し (ハードコーディングによる) 値の列挙による繰り返し (コマ…

Kubernetes Operatorの調査メモ

Kubernetes Operatorの調査メモだが、さっぱり分かってないので無秩序。 Kubernetes Operatorとその関連技術をひたすら集めた。 Kubernetes Operator KubernetesのドキュメントでのOperatorの説明 https://kubernetes.io/docs/concepts/extend-kubernetes/op…

BASE64 + ROT13のエンコードとデコード

たびたびBASE64 + ROT13のエンコードとデコードを行う必要が出てきたので、メモを残しておく。 エンコードは以下。 $ echo -n "abc" | base64 | tr '[A-Za-z]' '[N-ZA-Mn-za-m]' bm9w デコードは以下。 $ echo -n "bm9w" | tr '[A-Za-z]' '[N-ZA-Mn-za-m]' |…

RHEL 8/CentOS 8のパッケージについての調査メモ

Application Streamなどについて 「Application Streamと、yumのmodule」 (by Red Hat K.K. 森若さん) https://speakerdeck.com/moriwaka/application-streamsto-yumfalsemodule CentOS 8のリポジトリの指定について。適当なミラーに当たると不安定なので、…

ピリオド(.)を含むファイルは/etc/sudoers.dに配置しても読み込まれない

はじめに 環境 やりたかったこと やってみた => 設定が反映されない 調べた結果 ファイル名を変えてみた => 成功 何故ハマったか はじめに 久しぶりにsudoの設定を変更したところ、思いの外ハマったので、忘れないようにメモしておく。 環境 # cat /etc/os-r…

GitHub Actionsの情報まとめ

GitHub Docs > GitHub Actions > Reference > Workflow syntax https://docs.github.com/en/free-pro-team@latest/actions/reference/workflow-syntax-for-github-actions ワークフローの書き方を調べる時に参照する

Kubernetesの自習用の情報源

Kubernetesドキュメント https://kubernetes.io/docs/home/ (英語) https://kubernetes.io/ja/docs/home/ (日本語) Learn Kubernetes using Interactive Browser-Based Scenarios https://www.katacoda.com/courses/kubernetes/ フリーで使えるMinikubeの実…

コンテナを利用したHTML動作確認用のテストWebサーバ

はじめに 環境 テスト用Webサーバの起動と停止 参考 はじめに 静的なHTMLファイルの動作確認は、基本的にはローカルに保存した.htmlファイルをブラウザに読み込ませればよい。 ただし、XMLHttpRequestやFetch APIを利用した非同期通信を行っている場合は、テ…

Ubuntu 20.04LTSでMinikubeを構築する

はじめに (1) CPUの仮想化テクノロジーのサポートの確認 (2) kubectlのインストール (3) 仮想化基盤の構築 (4) Minikubeのインストール (5) 動作確認 (5-1) Minikubeの起動 (5-2) Minikubeの状態の確認 (5-3) Minikubeの停止 (6) おまけ - 環境のクリア 参考…

REST APIで見かけるvnd.を含んでいるメディアタイプについて

はじめに vnd.はベンダ固有のメディアタイプ 具体例 参考 はじめに REST APIで時々見かけるメディアタイプで、vnd.を含んでいるものがある。 これが何なのかが気になったので調べた。 vnd.はベンダ固有のメディアタイプ RFC 6838: Media Type Specifications…