Jaybanuan's Blog

調べたことをメモしていくブログ

自分のVisual Studio Codeの設定 (2020/11版)

はじめに settings.json フォント 空白の表示 文字コードの自動識別 テキストファイルでのタブの入力 はじめに 諸事上で複数の開発環境を使い分ける必要があり、環境ごとにVisual Studio Codeの設定を合わせるのが面倒。 なので、設定を使い回せるように、自…

Operator SDKのインストール

はじめに Operator SDKのインストール時の作業記録。 インストール方法は以下の3つあるが、ここではGitHubのReleaseからのインストールを実施する。 Homebrew (MacOSのみ) GitHubのReleaseページのバイナリをインストール GitHub上のソースコードからコンパ…

bashのシェルスクリプトでよく使うコードスニペット

はじめに 条件分岐 (構文) if if 〜 else if 〜 else if 〜 else 条件分岐 (文字列) 文字列の比較 (等しい) 文字列の比較 (等しくない) 空文字列かどうか 繰り返し (構文) 値の列挙による繰り返し (ハードコーディングによる) 値の列挙による繰り返し (コマ…

Kubernetes Operatorの調査メモ

Kubernetes Operatorの調査メモだが、さっぱり分かってないので無秩序。 Kubernetes Operatorとその関連技術をひたすら集めた。 Kubernetes Operator KubernetesのドキュメントでのOperatorの説明 https://kubernetes.io/docs/concepts/extend-kubernetes/op…

ROT13 + BASE64のエンコードとデコード

たびたびROT13 + BASE64のエンコードとデコードを行う必要が出てきたので、メモを残しておく。 エンコードは以下。 $ echo -n "abc" | tr '[A-Za-z]' '[N-ZA-Mn-za-m]' | base64 bm9w デコードは以下。 $ echo -n "bm9w" | base64 -d | tr '[A-Za-z]' '[N-ZA…

RHEL 8/CentOS 8のパッケージについての調査メモ

Application Streamなどについて 「Application Streamと、yumのmodule」 (by Red Hat K.K. 森若さん) https://speakerdeck.com/moriwaka/application-streamsto-yumfalsemodule CentOS 8のリポジトリの指定について。適当なミラーに当たると不安定なので、…

ピリオド(.)を含むファイルは/etc/sudoers.dに配置しても読み込まれない

はじめに 環境 やりたかったこと やってみた => 設定が反映されない 調べた結果 ファイル名を変えてみた => 成功 何故ハマったか はじめに 久しぶりにsudoの設定を変更したところ、思いの外ハマったので、忘れないようにメモしておく。 環境 # cat /etc/os-r…

GitHub Actionsの情報まとめ

GitHub Docs > GitHub Actions > Reference > Workflow syntax https://docs.github.com/en/free-pro-team@latest/actions/reference/workflow-syntax-for-github-actions ワークフローの書き方を調べる時に参照する

Kubernetesの自習用の情報源

Kubernetesドキュメント https://kubernetes.io/docs/home/ (英語) https://kubernetes.io/ja/docs/home/ (日本語) Learn Kubernetes using Interactive Browser-Based Scenarios https://www.katacoda.com/courses/kubernetes/ フリーで使えるMinikubeの実…

コンテナを利用したHTML動作確認用のテストWebサーバ

はじめに 環境 テスト用Webサーバの起動と停止 参考 はじめに 静的なHTMLファイルの動作確認は、基本的にはローカルに保存した.htmlファイルをブラウザに読み込ませればよい。 ただし、XMLHttpRequestやFetch APIを利用した非同期通信を行っている場合は、テ…

Ubuntu 20.04LTSでMinikubeを構築する

はじめに (1) CPUの仮想化テクノロジーのサポートの確認 (2) kubectlのインストール (3) 仮想化基盤の構築 (4) Minikubeのインストール (5) 動作確認 (5-1) Minikubeの起動 (5-2) Minikubeの状態の確認 (5-3) Minikubeの停止 (6) おまけ - 環境のクリア 参考…

REST APIで見かけるvnd.を含んでいるメディアタイプについて

はじめに vnd.はベンダ固有のメディアタイプ 具体例 参考 はじめに REST APIで時々見かけるメディアタイプで、vnd.を含んでいるものがある。 これが何なのかが気になったので調べた。 vnd.はベンダ固有のメディアタイプ RFC 6838: Media Type Specifications…

Ansibleでの環境変数の設定(/etc/environment)が挙動不審

はじめに 環境 現象 試行 1 - 環境変数が見えない 試行 2 - 環境変数が見える 試行 3 - 環境変数が見える 解決方法 Multiplexingを無効化するsshのパラメータは? Ansibleでの設定方法 1 - ANSIBLE_SSH_ARGS Ansibleでの設定方法 2 - ansible_ssh_extra_args…

Ubuntuのデフォルトのお気に入り(Favorite Applications)の変更

UbuntuというよりはGNOMEの設定だが、デフォルトのお気に入り(Favorite Applications)の変更方法は以下に記載があった。 https://help.gnome.org/admin/system-admin-guide/stable/desktop-favorite-applications.html.en

Ubuntuの初期ユーザに関するメモ

Ubuntuのインストール時に作成される初期ユーザに関するメモ。 初期ユーザは、以下のsetup-userというパッケージに含まれるスクリプトで作成される模様。 https://launchpad.net/user-setup setup-userインストール後のUbuntuには含まれていないパッケージっ…

Snapのプロキシサーバの設定

はじめに 環境 設定方法 参考 はじめに フォワードプロキシを利用する環境での、Snapのプロキシサーバの設定方法をメモしておく。 環境 $ cat /etc/os-release | grep PRETTY_NAME PRETTY_NAME="Ubuntu 20.04.1 LTS" $ snap --version snap 2.45.2 snapd 2.4…

gsettingsを利用してデスクトップの設定一覧を確認する

環境 確認方法 参考 環境 $ cat /etc/os-release | grep PRETTY_NAME PRETTY_NAME="Ubuntu 20.04 LTS" 確認方法 以下を実行する。 $ for s in $(gsettings list-schemas); do gsettings list-recursively $s; done 参考 gsettings で現在設定されている値を…

DockerコンテナでSquidを立てる

はじめに 環境 結論から コンテナイメージsameersbn/squidの挙動 squid.confの見直し ワンライナーでsquid.confのコメントを外す [別案] Dockerfileを利用しない方法 参考 はじめに フォワードプロキシのあるテスト環境を簡単に作りたかったので、コンテナイ…

Nginxでのフォワードプロキシ

www.alibabacloud.com Nginxは、基本的にはリバースプロキシとして設計されているので、公式的にはフォワードプロキシの機能はないとのこと。 ただ、Alibaba Cloudのエンジニアがフォワードプロキシとして動作するNginxのモジュールを開発して公開している。…

Ubuntu 20.04 LTSで、ユーザにセカンダリグループを追加する場合の注意点

環境 現象 原因 参考 環境 $ cat /etc/os-release | grep PRETTY_NAME PRETTY_NAME="Ubuntu 20.04 LTS" 現象 dockerをsudoしなくても実行できるようにしたかったので、ユーザredjに対してセカンダリグループdockerを追加した。 しかしながら、ログアウトして…

Ubuntu 20.04 LTSでKVMの構築を構築する

環境 事前準備 KVMをインストール virt-managerをインストール 参考 環境 $ cat /etc/os-release | grep PRETTY_NAME PRETTY_NAME="Ubuntu 20.04 LTS" 事前準備 CPUがハードウェア仮想化をサポートしているかを検査する。 以下のコマンドを実行した結果、1以…

ImageMagickで画像の余白を広げる

はじめに 環境 ImageMagickのインストール 余白の広げ方 付録:ここで利用した元画像の生成方法 参考 はじめに 以下のような余白に余裕のない画像は少々窮屈に見えるので、余白を広げたくなる場合がある。 ペイントソフトなどで調整するのは面倒なので、コマ…

Ansible Vaultの使い方の調査

はじめに 検証環境 検証の題材のPlaybook Ansible Vaultの基本的な仕組み Vault Passwordとは 暗号化の対象 ファイルレベルの暗号化 変数レベルの暗号化 Ansibleのベストプラクティス Vault IDとは 付録:ファイルレベルの暗号化のサブコマンド 参考 はじめ…

SnapでインストールしたVS Codeで日本語入力ができない

環境 SnapでVS Codeをインストール しかし日本語入力ができない 解決策 環境 $ cat /etc/os-release | grep PRETTY_NAME PRETTY_NAME="Ubuntu 20.04 LTS" SnapでVS Codeをインストール UbuntuがSnapを推してきているので、VS CodeをSnapでインストールしてみ…

Ubuntu 20.04 LTS Desktopをインストールする

はじめに Ubuntu 20.04 LTSのインストール (1) メディアから起動 (2) 表示する言語の選択 (3) インストーラの起動 (4) Ubuntuで利用する言語の選択 (5) キーボードレイアウトの選択 (6) インストールするソフトウェアの構成を選択 (7) パーティションの構成 …

RedmineをDocker Composeで構築

はじめに 環境 方針 構築手順 (1) Composeファイルの作成 (2) 永続データ用のディレクトリを作成 (3) デフォルトデータのロード 動作確認 ついでにsystemdでサービス化 メモ: 永続データの配置場所のまとめ メモ: データベースの配置場所 メモ: 添付ファイル…

Docker Composeをsystemdのサービスにする

はじめに 環境 ユニットファイルの作成 Composeファイルの準備とサービスの登録 動作確認 参考 はじめに サーバの簡易な運用をする場合、Docker Composeを利用してコンテナを立ち上げると簡単に環境を構築できる。 さらにDocker Composeをsystemdのサービス…

Docker ComposeのComposeファイルのバージョンについて

はじめに 結論 Composeファイルのバージョンの指定方法について 参考 はじめに Docker ComposeのComposeファイル(docker-compose.yml)の冒頭でversion: '3'のようにバージョン表記があるが、バージョン番号に何を書くのが正しいかを調べてみた。 結論 Compos…

systemdにおける/etc/sysconfigと/etc/default

はじめに /etc/sysconfigと/etc/default systemdの視点から 参考 はじめに systemdのユニットファイルを調べた際に、/etc/sysconfigと/etc/defaultについても調べたので、メモを残しておく。 /etc/sysconfigと/etc/default 両ディレクトリとも、SysV initの…

systemdのユニットファイルをテンプレート化する

はじめに 環境 事前準備 ユニットファイルの作成と、ひとつめのサービスの登録 ふたつめのサービスの登録 参考 はじめに 複数のサービスを自作してsystemdで管理するときに、作成するユニットファイルの中身が大体同じということがある。 こういう場合はユニ…